SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

マレーシアのクアラルンプール近郊にあるヒンズー教の聖地、バツー洞窟に行ってみました!

   

久しぶりにブログを更新します。

新年になって初めての記事です。

年末年始は新築の家が完成し、引越しなどとても忙しかったのですがなんとか
一旦、落ち着いたので久しぶりに海外放浪に出かけてきました。

行き先はマレーシアのクアラルンプールとシンガポールです。
寒いのが大の苦手なので暖かいところに行きたくなったのです。

去年の北京以来の海外放浪でした。
こちらの北京の記事もどうぞ。

圧巻!中国の北京にある天安門に行ってみました!
前に北京でパスポートを失くした記事を書きましたが、なんやかんやあり、予定通りに帰国できる目処がついたし、気持ちに少し余裕ができ...

日本からクアラルンプールまで約7時間半。
7時間半のフライトなんてたいしたことないと思ってましたが、何もしてないのに
めちゃくちゃ疲れました。これが年なんですかね。

まぁそんなことはどうでもいいのですが、クアラルンプールに着いてまずはバツー洞窟に
行ってみようと思いました。

セントラルステーション近くのホテルからUberを使って約30分。
意外と近かったです。

セントラルステーションからバツー洞窟までダイレクトに行ける電車もあるようです。
バツー洞窟はこの辺です。

Batu Caves, 68100 Batu Caves, スランゴル マレーシア

バツー洞窟はヒンズー教の聖地の洞窟とされているそうです。

この巨大な仏像のインパクトは強烈です。
どこの宗教もでかい仏像がありますよね。
ヒンズー教もそうみたいです。

バツー洞窟への入場は無料です。
勝手に入っていけます。

まずはすごく長い階段を登ることになります。
これがなかなか急な階段で登るのも一苦労です。

前は足腰不自由な方のためにエレベーターのようなやつが設置してあったそうですが、
今は撤去されたそうです。

階段を登ってる途中、後ろを振り向くと素晴らしい光景が広がってました。
やっぱり高いところからの景色は最高です。

ようやく洞窟の入り口に到着しました。
洞窟好きの自分としてはとてもワクワクします。

洞窟の中に入るとその広さにびっくりします!
洞窟というと閉鎖的な感じしますが、ここの洞窟は開放的?です。

洞窟の中は本当に広くてちょこちょこ建物がありました。
日本でいう神社みたいな感じ。

奥に進むとひとつの建物に人が集まってました。
集まってると何してるのがものすごく気になります。

集まってる人に聞いてみると、結婚式をしてるそうです。
ヒンズー教の人は洞窟で結婚式をするのですね。
なんとも新鮮です。

さらに奥に進むと階段があり、洞窟の天井には大きな空洞があって空が見えます。
どこかで見たような気がしました。
デジャブじゃないです。
そういえばベトナムのハロン湾にあるティンクエン洞にもこんな場所がありました。

なんとも言えない綺麗な景色です。

その階段を登るとまた小さな建物がありました。
これも神社的な建物なんでしょうか。
仏像が祀ってあります。

洞窟内は独特な雰囲気でしたが、決して悪い雰囲気じゃないです。
むしろオープン?な雰囲気です。

そんな感じで洞窟を出てまた階段を下ります。

バツー洞窟は観光スポット化しているため、お土産屋さんや飲食店がたくさんあります。
時間がある方はブラブラしてみるのも楽しいと思います。

また、寺院もいくつかあります。
入るのは自由ですが、靴は脱がないといけません。

猿もいました。
とても自由な感じです。

ヒンズー教の聖地といえど、もはや観光地化されているので宗教が持つ独特な雰囲気はあるけれどとてもオープンな場所でした。

宗教に興味はなくても楽しめる場所ですよ。

クアラルンプールに来たのであればぜし少し足を伸ばして訪れてみるのがオススメです。

スポンサーリンク

 - 旅行