SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

MacBook Pro 15inch Touch Bar 2019レビュー!

   

スポンサーリンク

MacBook Pro 15インチ 2019 Touch Barを購入しました。
2019年モデルは大きくはないアップデートにとどまっています。

どのタイミングで購入しようかずっと考えてましたが、スペックと価格の
折り合いがついたので2019年モデルにしました。
おそらく、MacBook Pro mid2019というネーミングになるんでしょうか。

今回購入したスペックはこんな感じです。

15インチMacBook Pro - スペースグレイ
・システム構成:第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
・Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メ‍モ‍リ搭載)
・32GB 2,400MHz DDR4メモリ
・1TB SSDストレージ
・True Tone搭載Retinaディスプレイ
・Touch BarとTouch ID
・バックライトキーボード - 英語(米国)

なかなかのハイスペックです。(ディスクリートGPUフルで使うような重い作業はほぼしません。)
完全にオーバースペックながらお金を贅沢にかけた分だけ満足です笑

まずは外箱からです。
やはりAppleの箱は美しいです。

そしてアンボックス。
初めての黒いMacBook Proです。
神々しささえ感じられます笑

本体の下にはお決まりの付属品です。

外観ではタッチバーと大きなトラックパッドが変わりました。
スペースグレイは引き締まって見えてとてもかっこいいです。

タッチバーは今までのファンクションキーに相当します。使うシーンによっていろいろな機能が現れます。また、手動でアクションの追加も自由にできます。

タッチIDはとても便利です。本体にログインする時や、ウェブでパスワード入力する必要がある時など、指先で完了です。とても便利です。

キーボードは第2世代のバタフライキーボードです。
キーストロークが短く、打った感触がやや強めで打鍵感があり、個人的には好きです。

ちなみに、MacBook Pro late2013からデータを移行アシスタントを使用し移行したのですが、12〜14時間くらいかかりました。

トラックパッド はとても大きくなり使いやすいです。
ただ、浅いクリック、深いクリックと種類があるので慣れが必要です。
最初、コピー&ペーストが上手くできず困りました。

Core i9 8コア、32GBメモリ、ディスクリートGPU4GBなどのハイスペックな性能をまだまだ全然引き出せていないので、これが宝の持ち腐れとでも言うんでしょうか。

T2セキュリティチップは、例えばディスプレイを閉じた時にどんな方法であろうと本体のマイクにアクセスできなくするそうです。それ以外にはどんなシーンで使われているのかいまいちわかりません。

ハイスペックな割にはなぜかSafariでウェブブラウジングしてると、1〜2秒くらい動かなくなる場面がありました。これはアンチウイルスソフト常時起動しているからなのか、本体の問題なのかわかりません。

他には、タッチバーはそんなに便利じゃないです。ディスプレイなので押した感じがしないのがミスタイプの原因となります。。
従来のファンクションキーの方が良いって言う人もいるんじゃないでしょうか。
買う前にアップルストアでタッチバーを試した方が良いと感じました。

それから、タッチパッドが大きくなったのはとても良いのですが、弊害があってタイピングする時に、両親指の付け根部分がトラックパッドに当たり誤動作してしまいます。これが意図しない時になってしまうのでけっこうストレスです。

今回はネガティブな意見が多くなりましたが、概ね満足しています。

スポンサーリンク

 - ガジェット