SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

みんなも株式投資してみては?

   

スポンサーリンク

一般的に株って危ないとか、値段下がったら全財産無くなる怖いと言ったイメージなんじゃないでしょうか。
さらに、ディスプレイがたくさんあっていつも画面を見て売買するいめーじじゃないでしょうか。

だいたい間違いじゃないですけど、だいたい正しくもありません。

株には、インカムゲインとキャピタルゲインと言った種類があって、そのキャピタルゲイン狙いが先述したイメージです。
では、インカムゲインとキャピタルゲインの違いは、ざっくり言うと、インカカムゲインは株を所持して配当金を目的としたもので、キャピタルゲインは株の売買益を目的としたものを指します。

自分はまだそんなに株には詳しくないですけど、これは普通の人でも株を買った方が良いと常日頃から思ってます。
なぜなら、アメリカ株の配当利回りが5〜10%の物がたくさんあるからです。
ネットで検索すればたくさん出てきます。

今の世の中、銀行にお金預けていても利回り1%にもなりません。
貯金して少しずつお金集めたとしても、インフレの影響受けて少しずつ貯金そのものが目減りしているのには気づかないのではないでしょうか。

そこで、インカムゲインを目的とした中・長期アメリカ株投資をおすすめするのです。
ある程度リスクをとって、利回り5〜10%の株を購入すれば持っているだけでお金が入ってきます。
日本株の配当だと、半年に一回か一年に一回ですが、アメリカ株の場合は3ヶ月に一回なのでとても魅力的です。
上手く組み合わせれば毎月配当金がもらえます。
しかも、コカコーラなどの大手企業は何年もずっと増配しています。

これは普段、会社員として仕事がある人にはちょうど良いと思います。
確かに勉強は必要なので面倒だって人にはおすすめできないかもです。

インカムゲイン狙いだとPCの画面をいつも見ている必要もないし、チャートもあんまり気になりません。
含み損抱えてたとしても、売らなければ株価はまた上がります。中・長期で見ればアメリカ株はずっと右肩上がりです。歴史が証明しています。
そして、一時的な株価暴落はバーゲンセールにすら見えてきます。
株価暴落時にさらに買い増しするのです。

と、これまで株式の良い部分ばかり書いてますが、気をつけなければならない点もあります。

それは株式投資などの基本に、「たまごはひとつのかごに入れるな。」というのがあります。
これは5個のたまごをひとつのかごに全部一緒に入れたとして、そのかごを落としてしまったらたまごは全部割れてしまいます。なので、たまごはひとつひとつ違うかごに入れましょう。ってことなのです。

イコール分散投資しましょう。ってことです。
これは、ひとつの企業に自分の資金を全部投入した場合、その企業が倒産したら資金なくなってしまうからです。
分散投資については複数の企業に投資するばかりではなく、日本国債、外国債、国内株などに分けて持ちましょう。っていうことです。

ただし、分散投資にもデメリットはあります。それはリスクは分散される代わりに利益も分散され、資産が増えるのが遅いことです。資産少ないうちはとても増えるのが遅く感じるのではないでしょうか。
その点は集中投資も有りかと思います。

ちなみに自分の投資方針としては、長期アメリカ株からのインカムゲイン狙いと、アセアン株のキャピタルゲイン狙いです。

このように自分にはあった投資の仕方は実際にやってみないとわかりません。
株式の良いところばかり書いてきましたが、やはりリスクはあると思います。リスクはある分、絶対とは言いませんが資産も増える可能性もあります。

最近の世の中の流れを見てみると、明らかにインフレ方向に持って行こうとしてるのが見えます。
目標には達成されていませんが、日銀は年2%の物価上昇を狙っていると明言しています。
さらに、先にも書いた通り貯金はインフレで目減りします。

120万円まで税金がかからないNISAもあります。
株について少しづつ勉強して始めてみるのをおすすめします。

スポンサーリンク

 - 雑記