SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

社畜でもいいのでは?

   

スポンサーリンク

早くも今年も終わりますね。みなさんどうお過ごしでしょうか。
年末とは全く関係の無いテーマで記事を書くことにします。

お題のとおり、社畜の何がいけないの?って思ってます。
自分は社畜の立場では無いので説得力には欠けると思いますが。

世の中的には「脱社畜」、「社畜は悪」な風潮です。
毎日、満員の通勤電車に乗って朝から夜遅くまで仕事する。
上司やクライアントに挟まれてストレス溜まる。
同僚や後輩、部下からのプレッシャー。
週末はストレスの吐き口として安い居酒屋で愚痴のこぼしあい。

こう書いてみるとネガティブなイメージばかりですね。

でも、いいじゃないですか。真っ当な日本人っぽくて。
これこそが日本人としてのアイデンティティだと思ってます。

手際と要領が悪く、ひとつの仕事でも時間かかるけど、頑張ってるあなたは
美しいです。たとえ結果はたいしたことなくてもそれで十分です。

これだから、世界から見た日本は生産性が悪いとかなんとか言われてますが、
そんな人たちが集まって日本の社会は回ってるのです。

そんなあなたは小さな小さな歯車のひとつですけど、確実に日本という巨大な車輪を回しています。

褒めてるのか貶してるのかよくわからなくなりましたが、そんな大事な

役割を担ってるのに社畜の何がいけないのでしょうか。

教えて欲しいです。

確かに現状ではノマドワーカーやフリーランスがとても増えています。
今後も間違いなく増えていく一方でしょう。

ただノマドワーカーやフリーラスランスはある程度、自分の裁量で仕事量や、
時間を調整できるけど、売り上げがなければダイレクトに自分の収入が減ります。

社畜は仕事量や時間を調整できないけど、仕事できない、できるに関わらず
ある程度給料は保障されています。

凡人の自覚はある人は会社員勤めが間違い無いでしょう。
無難に真面目に会社に尽くして定年退職を迎える。
これの何がいけないのでしょうか。

ただ近年では、会社自体が倒産し定年退職までいるのは難しくなってきている側面も
ありますが。

たとえ会社員だとしても成長できることは忘れないでください。
耳にタコができるほど聞いてると思うのですが、休みの日は読書などの自己啓発や副業初めて軌道に乗ったら本業にするとかたくさん選択肢はあります。

そして、会社員であることで人間関係の重要性や時間の効率的な使い方は嫌でも身につくはずです。これだって立派な学びです。

自分のスキルを伸ばしていってそこで昇進するのもひとつです。

あなたが小さくとも日本社会の一翼を担っていると自覚すれば、自分は社畜だって自信持って言えるはず。

人生にはあらゆる可能性と選択肢があります。

世の中は脱社畜を良しとしている風潮です。そんなみんなと同じこと考えて目指して本当に楽しいでしょうか。

真面目に仕事すれば必ず何かしらの形で自分に還ってきます。

もう一度、みんなの意見に流されずに自分の頭で社畜、社畜と10回くらい言ってみてください。

10回言ったところで社畜のネガティブなイメージは変わらないかもしれません笑

ただ、社畜のあなたのおかげで日本社会は成り立っているのを忘れないでください。

人生逆張りで一生社畜として生きるのもとても素晴らしいことだと思います。

スポンサーリンク

 - 雑記