SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

ベトナムにある世界遺産のハロン湾に行ってみました!

      2017/07/11

ベトナム1人旅の続きです。

こちらのベトナムの記事もご覧ください。

ベトナムのハノイの観光スポット、ホエンキエム湖に行ってみました!
ベトナムの首都、ハノイのにホエンキエム湖に行ってみました。 ホエンキエム湖はホテルからとても近かったので、チェックインした後...

この日は朝から世界遺産であるハロン湾に行く計画にしてました。
1人単独で行くのは時間がかかるし、移動手段の確保が困難だと予想されることから、日本で事前に現地ツアーを予約してました。

ツアーガイドが朝8時ちょうど滞在しているホテルに迎えに来てくれました。
ベトナム人のガイドでしたが、日本に住んでいたことがあるらしく日本堪能です。

軽い雑談を交わしながら外で待っていたマイクロバスに乗り込みます。
ツアー参加者は、自分を含め日本人数人、欧米人と思われる外国の人が数名と、とても
カオスなラインナップです。

ツアーガイドの説明だと、片道4時間もかかるそうです。途中、休憩を挟んでハロン湾に向かうそうです。
ちなみに「ハロン」の意味はベトナム語でHA(降りる)LONG(龍)だそうです。

そうこうしているうちにバスはハロン湾に向けて出発しました。
ベトナムは道路の状況が良くないのでなかなか揺れます。
これで片道4時間はなかなか厳しいです....

自分は1人参加のため、他の日本人ツアー参加者との会話もなく、沈黙の時間が流れます。

そして、2時間くらい走ったところでようやく休憩所に到着しました。
観光客をターゲットとしたおみやげ屋さんです。
観光客価格のおみやげに目もくれず、喫煙者である自分は一目散に喫煙所を目指しました。
喫煙所では、同じ日本人ツアー参加者も一緒でしたが、やはり特に会話もなく黙々とタバコを吸います。

約15分くらいの休憩でバスは再び走り出しました。
田園風景の何もないただただまっすぐな道路をひた走ります。
驚いたことにこの何の変哲も無い道路が高速道路だそうです。

そして、2時間走ってようやくハロン湾に到着しました。
あたりはホテルなんかが立ち並び、正に観光地って感じです。
また、ハロン湾の岸壁には無数の観光船が停泊しています。
dsc00147

バスを降りたらとりあえず船に乗ります。

ちょうどお昼に到着したので、船の上で食事をするのだそうです。
見ず知らずの日本人観光客と一緒の席に座り、各人それぞれ相手の様子をうかがい、配慮ながらの食事はなんとも微妙な空気でした。
dsc00150

料理は大皿でエビとか出され、大皿何品かの料理でした。
船の上でしたけど、そこそこおいしかったです。

食事も終え、船にデッキに出てみるととても壮大な景色に圧倒されます。
海からの風がとても気持ち良いです。
こんな壮大な景色を眺めていると普段の悩みなんてちっぽけに感じます。(悩みないですけど。)

近くに船が来ました。
なかなかいい感じに写真撮れました笑

ちなみにハロン湾には大小さまざまな奇岩、島が約3000もあるそうです。
変な形のした岩のような島が延々と続きます。
dsc00157

自分たちを乗せた船は桟橋のようなことで、止まりました。
なんでもここから小さな手こきのボートに乗り換えて散策するのだそうです。
dsc00184

あまりにもお粗末なボートなのでとても不安がよぎりますが、救命胴衣を着るので、何かあってもなんとかなりそうです。
dsc00182

ボートに乗って進むとちょっとした洞窟のようなところを通ります。
とても狭いところなのでボート同士がガンガンぶつかります。
やや怖いですが、これが当たり前なんでしょうね。
船頭は全く気にしません。
dsc00191

洞窟?を抜けた先は開けた場所になっていて、ここで折返してまた、元の船に戻ります。

自分的には大した見所もなく、このくだりは「?」が着く時間でしたがツアーに含まれているのでしょうがないでしょう。

桟橋から船に乗ります。

また船は大海原を疾走します。
途中、海の真ん中に不自然に岩があります。
これは、ゴリラの横顔に似ていることから、ゴリラ岩と呼ばれ、ベトナムのお札の絵に
使われているそうです。
dsc00266

そして、また船は港らしきところに接岸します。
どうやらティンクエン洞という洞窟を散策するそうです。

この港付近はヤシの木が生え、南国ムードたっぷりです。
しかし、ティンクエン洞まではなかなかな急斜面の階段を歩きます。
暑いベトナムではこれがなかなかしんどいです。
dsc00285

ティンクエン洞の中はライトアップされて完全に観光地化されています。
でも、色とりどりに照らされた鍾乳石はとても綺麗です。
こんな感じの洞窟を15分くらい歩きます。

なんだか別世界に来た雰囲気でとても楽しいです。
dsc00288

なかなか見所たっぷりの洞窟でした。
そして再び船に乗り、元来た港に戻ります。
一番最初に船に乗ってから戻ってくるまでだいたい4時間くらいでボリュームたっぷりです。

そしてまた、4時間かけてハノイ市内に帰ります。

ハノイのホテルに着いた頃にはもうすでに夜の8時でした。
なかなかのボリュームの現地ツアーです。

自分は日本で、日本語話せるガイドがつく現地ツアーを申し込んで、確か5000円近くしました。
ハノイ市内には現地ツアー代理店がたくさんあり、価格もとても安いです。
おそらく、ツアーガイドは英語かベトナム語の話者でしょう。
それでも良いよって人は現地で手配するのがオススメです。

自分は英語が話せるのでそれでも良いと感じました。

この世界遺産であるハロン湾ツアーは本当に見所たくさんで、1日使ってしまいますが、
ハノイに行ったらぜひハロン湾にも行くことを強くおすすめします。

スポンサーリンク

 - 旅行