SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

中国の成都にあるスターバックスに行ってみました!

   

また中国成都ネタです。

成都にあるスターバックスは歴史を感じるお店の外観とモダンなインテリアが魅力的で
以前からずっと行きたいと思ってました。

そんなことでようやく行くことができました。

スターバックス好きには外せない場所です。

成都にはスターバックスたくさんありますが、ここがネットで有名な場所です。

場所はこのあたりです。
おそらくグーグルマップでは位置がずれていますが。

成都 星巴克宽窄巷子店

「宽窄巷子」(読みかたわかりません)というショッピングストリートにあります。
この付近は古い町並みでとても趣のある通りです。

夜でもすごくにぎわってますが、建物がほとんど似てるため、お目当のスターバックスがなかなか見当たらなかったです。

人混みの中、注意深くスターバックスを探してたどり着きました。

メインストリートにはあるものの、少しだけ奥まったところで、しかも目立たない店舗なので気がつきにくい
かもしれません。

外観はとても趣のある雰囲気が印象的です。
長年行きたかった場所なのでとても嬉しかったです。

外資系な看板に中国古来の建物がいい感じです。

この看板がある建物は門のようになっていて、門のさらに奥がスターバックスの店舗となっています。

門と店舗の間にはテラス席となっていてオシャレな感じでした。

店内に入ってみるとそんなに混んではいませんでした。
外観とは違い、店内はオシャレなどこにでもある風なスターバックスです。

成都のスターバックス限定のマグカップを家族のお土産として購入しました。
値段は外資系ので普通に高かったです。

高いといっても日本と同様でしょうか。

パンダがモチーフとなっていてとてもかわいいです。
ただ、けっこう大きくて重かったです。
小さいマグカップもありましたが、大きい方を選びました。
今思うと小さい方も買っておけば良かったです。

メニューはどこにでもあるスターバックスのメニューでした。
いつものフラペーチーノ系の飲み物とチーズケーキをオーダー。

オーダーしたのを手にとり2階の席へ。
なんてことはない普通のスターバックスの雰囲気です。

テラス席もいい感じです。

そして、このスターバックスの特徴は外観だけではありませんでした。
店内の中央の天井から吊るされている照明がとても素晴らしいです。

あまりにも素晴らしくて見惚れてしまうくらいです。

イタリアや北欧の照明とはまた違い、インテリアととても合っています。
どこ社製の照明を使ってるんでしょうか。

相当、大きくて2階から1階まで貫いてます。

この素晴らしい照明を前にして、しばらく見とれてました。

円形の器具から発せられる光はとても優しくて包み込んでくれるようでした。
ルイスポールセンの北欧系ペンダントライト好きな自分は自宅にも欲しいと心から思いました笑
(自宅にはルイスポールセンのPH5Classicがあります。)

しばらくぼーっと見とれてました。
そして満足したので帰ることにしました。

成都のここのスターバックスはとてもおすすめできる場所です。

いかがだったでしょうか。
照明が素晴らしすぎるのでぜひ夜に行ってみて欲しいです。

スポンサーリンク

 - グルメ, 旅行