SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

世界遺産!フィンランドのヘルシンキにあるスオメンリンナ島に行ってみました!

   

フィンランドのヘルシンキにある世界遺産、スオメンリンナ島に行って見ました。

スオメンリンナ島はwikiによると、
フィンランドの首都ヘルシンキ市内の6つの島の上に建造された海防要塞。ユネスコの世界遺産に登録されており、観光客のみでなく、地元民にとっても、美しい行楽地として人気がある。当初の名前はスヴェアボリ(Sveaborg, スウェーデンの要塞)だったが、1918年に愛国主義的な理由からスオメンリンナ(スオミの城塞)と改称された。これは、星型要塞の一例である。

1748年にスウェーデン=フィンランドはロシア帝国に対する守りを目的として要塞の建造に着手した。総責任者に任命されたのは、Augustin Ehrensvärdであり、その当初案には当代きっての築城の名手ヴォーバンの思想の強い影響が見られた。
島の要塞自体に加えて、本土の臨海要塞群が足がかりとなる海岸堡を築けないようにしていた。また、計画には駐留スウェーデン海軍とフィンランド分遣隊全体の軍需品の備蓄も盛り込まれていた。フィンランド戦争中の1808年5月3日に要塞はロシア軍に占領され、1809年のロシア軍によるフィンランド占領の足がかりとなった。この時には実害がほとんどなかったが、1855年のクリミア戦争のときには、イギリス海軍とフランス海軍による艦隊の艦砲射撃で損害を被った。
1973年には民政下に置かれ、1991年に世界遺産に登録された。

だそうです。

まずはヘルシンキにあるフェリー乗り場から島に向かうことにします。
この船に乗ります。

寒々とした海を約20分くらいで到着します。
船からはなかなか良い眺めです。
自分のような観光客がたくさんいました。

島に到着してからはビジターセンターが船着き場の近くにあります。
まずはそこでパンフレットをもらうのが良いでしょう。

さっそく島内を歩いてみることにします。

島内にはいろんな建物があります。
さすが要塞って雰囲気です。
海には氷がはって寒そうですが、そんなに寒くはなかったです。

途中、バイキングの銅像がありました。
なんだか歴史を感じます。

島内には牢獄のような建物もありました。
本当にいろんな建物があるんですね。

外洋に向けて砲台がたくさん並んでいます。
男心をくすぐる雰囲気がたまらなくかっこいいです。
こんな昔のが綺麗な状態で保存されています。

あまりにも島内は広くて歩くのはなかなか疲れます。
観光スポットは島内に点々としてあるので、行ったり来たりしてしまいます。

船着き場から早足で約30分くらいで島の最後まで来ました。
砦みたいなのがあります。
これまたかっこいいです。

最後まで来たんで戻ることにしました。
途中、昔使われていたという潜水艦があるので寄ってみました。

これまたかっこいいです。
残念ながら潜水艦の中には入ることができません。

こんな感じでまた船でヘルシンキ市内に戻ります。
ちなみに船はとても混むので時間に余裕をもって行きましょう。

今回は冬に行ったので、氷があったりして滑らないように歩くのに注意しながらだったのでとても疲れました。

暖かい時にもう一度行ってみたいです。
また違った雰囲気なんでしょうね。

こちらのフィンランドの記事もどうぞ。

フィンランドから海を隔てた場所にある国、エストニアに行ってみました!
この日は朝からフィンランドのバルト海を面して隔てた場所にある国、エストニアに行ってきました。 目的はエストニアの首都であるタ...

スポンサーリンク

 - 旅行