SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

クアラルンプールにある水族館、KLCCアクアリアに行ってみました!

   

水族館が大好きな自分はクアラルンプールにある水族館に行ってみることにしました。

日本の水族館はいろいろ行ってますけど、海外の水族館は初めてだなと。

場所はペドロナスツインタワーの近くにあります。

KLCCアクエリアはこのあたりです。

klcc aquarium

場所は結構わかりにくいです。
google mapはざっくりすぎてよくわかりません。

とりあえずコンベンションセンターの真ん中を目指します。
するとアクアリアの案内が見えてきます。が、どこに案内しようとしてるのか
わかりません。案内が見えたら地下に行きます。

そして、ようやくアクアリアに着きました。
KLCCパークを散策してから行くのがおすすめです。

施設概要です。
料金
RM43-RM64

営業時間
10:30-20:00

休業日
年中無休

なお、クレジットカードも使えます。

なお、この水族館の規模はアクアパーク品川を少し大きくしたくらいです。
美ら海水族館には遠く及びません。

エントランスを抜けるとまずはピラニアがいます。

そして手で魚を触れるエリアがありました。
ヒトデなんかがいました。

このカブトガニはすごく気持ち悪い動きしてました。
何をしたいんだろう。

電気ナマズの展示です。

ここからディープフォレストというエリアです。

大きな筒状の水槽がメイン。
なかなかの見応えでしたよ。

こちらはサメとかを間近でみれます。
エサをやってましたが、一匹すごく暴力的なヤツがいました。
触れるような感じですが、結構危ないと思われます。

やはり水槽のトンネルがありました。
こちらは動く歩道がついてます。
このトンネルは長さが90mあるそうです。

水槽を見上げるとこんな感じです。
サメが泳いでました。

トンネルを抜けてさらに進むと大好きなグラゲが展示しています。
やはりクラゲの水槽は万国共通で丸いんですね。

次は研究所風な見せ方をするエリアです。
やはりクラゲです。
こんな感じの見せ方が今のトレンドなんでしょうか。
なかなかおもしろい見せ方です。

そして研究所風でありながらも日本風を醸し出してるエリアです。
このカオスな感じがクアラルンプールを表しています。
金魚なんかがいました。

次に進むとジャングル風なエリアです。

生き物の成長過程が見れるのがおもしろいです。

こんな感じでゆっくり見ても1時間くらい。
途中、強制的にお土産屋さんを通すのも万国共通なんですね。

今回、外国の水族館は初めてだったのでとても楽しかったです。
日本とはちょっと違いがあるものの、水族館はどこも似通った感じになるんですね。
館内の水槽の生き物の説明は全て英語表記です。でも
英語わからなくても楽しめますよ。

生き物に触られたり子供は喜ぶと思います。
時間があったらぜひ行ってみてください。

スポンサーリンク

 - 旅行