SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

シンガポールのアラブストリート周辺にあるイスラム料理店に行ってみました!

   

クアラルンプール旅行の続きです。

この日は夜にシンガポール人の友達に会う予定だったので、朝からシンガポールに移動
しました。

クアラルンプールからシンガポールまでLCCのエアアジアで片道1時間。
値段はなんと往復で6000円ちょっと。凄まじく安いですね。

前回のシンガポール旅行で行けなかったアラブストリートに行ってみることにしました。

グーグルマップで調べてたら、良さげなイスラム料理店を見つけました。
ちょうどお昼時だったし行ってみることにしました。

お店の名前は「ZAM ZAM」ってお店です。

ちょうどアラブストリートにあるモスクの裏手にお店があります。
ちょうどこの辺りです。

697-699 N Bridge Rd, シンガポール 198675

お店はこんな感じです。
東南アジア感がハンパないです。
東南アジアじゃどこにでもありそうなお店です。

さっそく中に入ってみることにしました。
席を案内されて座って辺りを見回すと、イスラム教徒と思われた方々が。
日本じゃあまり馴染のない光景です。

料理の方はメニューに絵があるのですが、どんな味なのか想像できません。
よくわからないんでちょっと辛そうなのオーダーしてみました。

こんな風に壁にもメニューが。

ほどなくしてメニューが運ばれてきました。
やはり見ためからなんとなく辛いっぽいです。

それにサイドメニューとしてマトンをオーダーしました。
イスラム教は豚肉はダメですが、その他の肉はありました。

この見ため辛そうなやつはとてもおいしかったです。
ピリッとした辛さがクセになりそう。

米のような細長いなんかが(名前わかりません。)とてもおいしいのです。
おそらく、マレー系のイスラム料理と思われます。
一見すると、B級グルメな感じです。

そして、煮込んであるマトンもとてもおいしかったです。

このようにイスラム料理は本当に日本人の口に合います。
まず間違いなく日本で受け入れられるでしょう。
また、ほとんどの日本人が知らないだけで。

和食でも洋食でもないこの不思議な感じ。
でも和食のような優しい味です。

日本でもイスラム料理が食べられる日が来るのを待っています。

スポンサーリンク

 - グルメ