SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

ニューヨークの911ミュージアムに行ってみました!

   

スポンサーリンク

2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件がありました。

当時、テレビでは台風の情報ばかり。
そんな中、緊急ニュース速報で、ビルに飛行機が突っ込んだ映像が流れました。

とても衝撃的な映像だったのが今でも鮮明に覚えてます。
もはやアクション映画のような映像でした。

その後、テレビ各局は台風の情報から、テロ情報に一斉に切り替わりました。

そんな衝撃的なことから、ニューヨークに行ってみたいと思い、ようやくニューヨークに
行くことができました。

いや、行こうと思えばいつでも行けたんですけどね。

そのテレビで見たワールドトレードセンターにようやく行けました。

やはり、何というか悲壮感が漂ってる場所です。
あんな大惨事が起こった場所はやはり悲しい場所です。

崩壊した2つのトレードセンターがあった場所には、滝のような慰霊碑があります。
その慰霊碑の周りには亡くなった方の名前が刻まれています。

また、花が手向けられていたりしました。

その近くに911メモリアルミュージアムがあります。
自分のような観光客がたくさです。

チケットを購入するのにけっこう並びました。

チケット購入後、メモリアルミュージアムに入り、すぐに地下に行くエレベーターに乗ります。
地下がミュージアムになってるようです。

テロ事件前のワールドトレードセンターです。

崩壊したワールドトレードセンターの地下部分です。
むき出しの鉄骨が生々しいです。

比較的広い空間となっていて崩壊したビルの大きさが実感できる場所です。

崩壊したビルに巻き込まれた消防車が展示してありました。
とても無残な姿で、痛々しかったです。

その他にも、いろんなものが展示されてました。

こちらは崩壊したビルの鉄骨の一部です。

正面にある四角い場所はちょうど滝の慰霊碑の下側になってるようです。

中ではテロ発生時のドキュメンタリーの映像、遺品がたくさん展示してありました。

と、こんな感じで終始悲しい気分になります。
ぐるっと周って1時間半くらいです。

広島にある原爆資料館のような雰囲気でした。
けっこう滅入ります。

テロ事件を余すことなく伝えたいというのがわかります。
ただ、テロ事件によってビルが崩壊し、たくさんの人の命が奪われたという事実だけが記され、誰が首謀者
だとか、犯人だとか憶測の範囲でのことは一切出てきませんでした。

例えば「テロリストによって飛行機がハイジャックされた」とかの表現で。とても抽象的に感じました。

その辺が気になったところです。

そして、メモリアルミュージアムのすぐ側にあるワンワールドトレードセンターにも行ってみました。

テロによって崩壊した2つのビルよりも高いビルを作るという、テロには屈しない、アメリカは強いというのを
表しているかのようです。

ここでチケットを買って展望室までエレベーターに乗って行きます。
また、エレベーターの中は展望室到着まで、マンハッタンの成り立ちを映像で表現しています。

マンハッタンで一番高い建物なのでなかなかすごい景色です。

アッパーマンハッタン方面です。
セントラル・パークやエンパイアステートビルが見えます。

ブルックリン方面です。
ブルックリンブリッジが見えます。

ぐるっと一回りして戻ることにしました。

また、メモリアルミュージアム付近の地下鉄の駅はデザインが斬新です。
とても美しく、建築好きにはたまらないデザインです。

こんな感じで911メモリアルミュージアム周辺を巡りました。
「観光」という表現はふさわしくない場所です。

ちょうど広島の原爆記念公園のような感じです。
ニューヨークに行ったらぜひ訪れてほしい場所です。

スポンサーリンク

 - 旅行