SQUALL

当ブログでは日々の雑感、趣味の海外旅行、写真、アート、カフェ巡り、インテリア、読書などを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ハワイのダイヤモンドヘッドに行ってみました!

   

スポンサーリンク

寒い日本の冬を脱出するために3泊5日でハワイに行ってきました。

海外旅行は大好きですが、ハワイはたくさんの日本人行ってるし、日本の延長線上みたいな勝手なイメージがあったため、全く興味ありませんでした。

しかし、いつもの思いつきでふと、ハワイってどんな感じなんだろうと興味が湧いてきて行ってみることにしました。

結論は最高でした。日本人が大好きなのがわかりました。
自分もすっかり魅了されてしまいました。

街並はロサンゼルスの雰囲気と似ていて、アメリカ東海岸のそのものです。開放的な雰囲気は自分と相性が良くここに住みたいと思いました笑

2年前に日本で家買いましたが笑

前置きが長くなりましたが、ダイヤモモンドヘッドに行ってきたので今回、紹介します。

ダイヤモンドヘッドにはワイキキからザ・バスの2番、23番で行けるようです。ワイキキから約30分くらいです。ザ・バスはどこまで乗っても料金は大人2.75ドルと格安です。

自分の乗ったバスは何番か忘れましたが、ダイヤモンドヘッドから2〜3㎞手前で降りることになりました。

バス停からは坂道が続きます。
まだダイヤモンドヘッドの登り口にすら着いていないのでやる気を失せないように。

その途中、トンネルがあり、歩道はとても狭いので注意です。

トンネルを抜けると下りになり、やや歩くのが楽になります。
そしてようやくダイヤモンドヘッドに近づいてきました。

ようやくダイヤモンドヘッドの登り口に着きました。
バス停から約20分くらい歩きます。
この時点で、自分のやる気は20%下落です笑

自分のようにやる気を落とさないために、駐車場があるのでレンタカーで来るのもありだと思います。ただ、駐車場はあまり広くないため週末は避けた方がいいかもしれません。

登るために料金を支払います。確か1ドルくらいだったと思います。
間違ってたらすみません。

また、売店もあるので水を買うことをおすすめします。
さらに、ダイヤモンドヘッドの途中や頂上にはトイレがないのでここで済ませておきましょう。

ようやくダイヤモンドヘッドに登り始めます。

お、この感じだとけっこう余裕じゃね?
なんて思ってしまいます。

スタート地点なのでこのくらいの坂なのは当然です。

登るほど、道路は狭く足場は悪くなってきます。
軽装とスニーカーは必須です。タオルと水も必要だと思います。

けっこうガチなトレイルです。ナメてました。

景色が開けてところで見てみるとさっきまでいたところがあんなところに。
(写真左上にある建物です。)すごく良い景色です。

けっこう歩いたのだと実感。まだ頂上は先だけど、帰りも大変だろうなと思いました。

さらに歩きます。
ようやく頂上付近に来ましたが、びっくりしました。

何かの罰ゲームのようなとても急な階段が待ち受けていました。
なんでここに来て階段なの?

まぁ迂回するルートもあるのですがせっかくなので登ってみることにしました。

ようやくの思いで階段を登りきり頂上に到着しました。
登り口から頂上まで約40分くらいかかりました。
慣れている人だともっと早いかもです。

そして、頂上からの景色は本当に素晴らしいです。
ハイキングや登山に全く興味のない自分ですら、来て良かったと思いました。
写真では見応えのある景色の凄さが伝わらないのが残念です。

日本の自然も素晴らしいですけど、海外のスケール感が違う自然も最高です。
この景色を見てると悩みなんてなくなりそうです。(悩みはないですけど。)

ワイキキ方面です。ちなみに人がいるところは立ち入り禁止なのでご注意を。

また、頂上のスペースはけっこう狭いにもかかわらずたくさんの人で溢れています。

満足したところで下山することにしました。

山頂付近にある階段を登るのは本当に大変でしたが、それ以外の山道はほどほどです。
朝早く行って日の出を見るものいいかもしれません。

ハワイに行ったらぜひダイヤモンドヘッドに登頂してみてください。
おすすめです。

スポンサーリンク

 - 雑記